さいわいコラム201111
お知らせ

糖尿病デー

知っていますか?

 11月14日は「世界糖尿病デー」です。
糖尿病は世界の成人のおよそ5~6%が抱える病気です。2025年には現在の1.5倍の3億8000万人に達すると予想されています。
このような状況をふまえ、国連は「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」を2006年の国連総会で採択し、同時に11月14日を「世界糖尿病デー」に指定して、世界各地で糖尿病の予防、治療、療養を喚起する啓発運動を推進することを呼びかけました。
「世界糖尿病デー」のシンボルマークは、国連や空をイメージする「ブルー」と、団結を表す「輪(サークル)」を使用しています。今年も11月14日に、世界各地で、青色のライトアップが開催される予定です。日本では東京タワーやレインボーブリッジが青くライトアップされる予定です。

 

厚生労働省の調査によると、日本の糖尿病患者数は890万人と推定されています(2007年国民健康・栄養調査)。ところが、その患者さんのうち治療を受けているのは半数程度と言われています。つまり糖尿病であることに気がつかない人や、気づいていても治療を受けないでいる人がいかに多いかが分かります。 糖尿病は初期には痛みなどの自覚症状が少ない病気です。もし少しでも体の異変に気がついたら健診を受けるか、病院・診療所を受診しましょう。

糖尿病の初期症状とは?

 糖尿病の多くは初期には無症状です。少し糖尿病が進行すると、のどが乾く、トイレが近い、おなかが異常にすく、食べてもやせる、傷が治りにくい、足がつる、疲れやすいなどの症状がでてきます。このような症状があったら、早めに医療機関に受診することをおすすめします。

糖尿病の検査方法

 血液と尿の検査をします。食事前で空腹時の血糖値が110mg/dl以上の場合、食後2時間後の血糖値が140mg/dlの場合、HbA1cが5.6%以上の場合、尿糖が陽性の場合は、詳しい検査が必要です。ブドウ糖負荷試験(甘いブドウ糖を飲んで、2時間の間に採血を5回繰り返します)などを行います。

糖尿病になるのを防ぐには?

 米国の最新研究によると、次の5つの健康的な生活習慣を実行することで、中高年者の糖尿病の発病リスクが最大80%低下することが明らかになっています。

  1. 健康的な食生活
  2. タバコを吸わない
  3. 飲酒しない:飲むときは適度に
  4. 体重を適切にコントロールする
  5. 運動を習慣化する

 このうち1つの健康習慣を続けるだけでも糖尿病のリスクは低下し、健康的な要因が1つ加わることに約30%ずつリスクが低下するそうです。(米国内科学会「Annals of Internal Medicine」9月6日号) ぜひ、この秋に、5つの健康習慣を身につけましょう。

 

参考: 世界糖尿病デー公式HP(www.wddj.jp)

 

さいわい診療所 副所長 関口 由希公


ページの先頭へ