さいわい診療所

診療時間(予約制)

午前/月~土8:30~11:30
午後/火・水・木14:00~16:30
夜間/月・水・木・金18:00~20:00

文字サイズ

早めに対策!花粉症

薬剤師  加藤  一哉

カット 花粉症の季節がやってきました。花粉症対策は、早ければ早いほど効果があると言われています。症状が出てしまった後では、花粉がすでに体内に入ってしまっているので、体がアレルギー反応を起こしてしまい、薬の効きが悪くなってしまったり、症状が一時的に悪化してしまったりする可能性があります。早めに対策をとり、花粉症に備えましょう。

1,花粉症とは

 スギやヒノキなどの花粉が原因となるアレルギー性の病気です。花粉という異物( アレルゲン) をできる限り体の外に出そうとして、くしゃみで吹き飛ばす、鼻水・涙で洗い流す、鼻づまりで中に入れないよう防御するなどの症状がでてくるのです。

2,症状

 鼻症状(くしゃみ・鼻みず)、目の症状(かゆみ、なみだ、充血など)だけでなくノドのかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じなどの症状が現れることがあります。

3,治療

 治療には、薬物療法、手術療法、減感療法がありますが、さいわい診療所では薬物療法に限ります。

  1. 抗ヒスタミン薬
    花粉症の時には体の過剰な免疫反応からヒスタミンとよばれる化学物質が大量に放出されます。このヒスタミンが花粉症の症状を引き起こしているのです。ヒスタミンの作用をブロックすることでアレルギー反応を抑えることができます。すでにアレルギー反応が起こっている人には即効性がありますが、眠気がでやすい、口が渇きやすいといったデメリットがあります。
  2. ステロイド
    免疫反応を抑えると同時に抗炎症作用もあり、効果は非常に強力です。抗ヒスタミン薬ほどの即効性はなく、効果が現れるまで1 ~ 2日を要します。しかし強力な効果を持つ反面、ステロイド剤には強い副作用があります。(本来体が持っているホルモンを人工的に与えることになり、体の様々な機能のバランスに影響を与え、感染症、胃潰瘍、骨粗鬆症、抑鬱、その他様々な副作用が生じる可能性があります。)花粉症で使用する程度の量であればあまり心配しすぎることはありませんが、漫然と使用しないことが必要です。
  3. 血管収縮薬(点鼻薬)
    粘膜の血管を収縮させて粘膜の腫れを取り除くことで、鼻づまりに効果を示します。使い過ぎると鼻づまりが強くなるときもあるので、1 日1 回、夜寝る前に使うのが基本です。

さいわい診療所

〒332-0032
埼玉県 川口市中青木4-1-20
TEL:048-251-6002
FAX:048-252-0434
E-Mail