さいわい診療所

診療時間(予約制)

午前/月~土8:30~11:30
午後/火・水・木14:00~16:30
夜間/月・水・木・金18:00~20:00

文字サイズ

各種検査について

胃X線撮影

胃X線撮影

バリウムを150ml程度飲み、胃の壁にバリウムを付着させるため、技師が指示する方向へ身体を動かしていただき撮影をしていきます。
検査の部位は食道、胃、十二指腸です。検査時間は約20分を予定しています。

腹部エコー

腹部エコー

お腹にゼリーを塗り、その上からタバコサイズの機械を体に当てて内臓を見る検査です。
主に肝臓、胆のう、膵臓、腎臓、脾臓に腫瘍や結石、ポリープなどの異常がないか検査をします。
放射線は使用せず、超音波を使用している安全な検査ですのでご安心ください。検査時間は約20分を予定しています。

大腸X線撮影

大腸X線撮影

バリウムを肛門から入れ、空気を入れて大腸をふくらませます。
バリウムが大腸全体につくように体を動かしながら写真を撮っていきます。
大腸の走行上、頭の方を低くして回転していただきます。
空気を入れて大腸をふくらませますので、お腹が張ると思いますが痛みはありませんので安心してください。
検査時間は30分程度で、使用するバリウムは250~300mlです。

頸動脈エコー

頚動脈エコーは、超音波を使って、動脈硬化の状態を直接見ることができます。動脈硬化は、血管壁の内側が肥厚し硬くなる状態で、進行すると細くなって血液が流れにくくなります。
頚動脈は動脈硬化が早い段階から現れることから、動脈硬化度の評価に有効な指標とされています。
メタボリックシンドロームを予防するためにも、糖尿病・高血圧・高脂血症・肥満・高尿酸血症・タバコを吸われる方などにおすすめします。
検査時間は約20分を予定しています。